« 無事に | トップページ | 過ぎたるは »

驚いちゃあ

いけないのでしょうけど・・・・

一体 どうなって いるのかな・・・と 思う事があります。

先日も、こんな会話が ありました。

           『ももたろう』 のお話に 出てくるでしょう ?

         桃太郎の 家来になった 動物の中の きれいな鳥が キジ なのよ。

         ぼく、『ももたろう』のお話  知らない。

         『ももたろう』 のお話、知らないの ?

         おばあさんが、川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきて

         その桃の中から、男の子が生まれて・・・

          聞いたことない。そんな 話。

            あ~そう。 じゃあ、『浦島太郎』のお話は 知ってる?

          知らない。

          『花咲かじいさん』 のお話は ?

            う~んとね。 わかんない

こういう事が、幼稚園児 だけでなく、小学生からも聞かれるようになりました。

こちらが、知っていると思い込んでいると、愕然としてしまう時があります。

知っていると言う 大前提が 崩れてしまっているので、

一から話し始めることになります。

日本の昔話だけでなく、イソップや、グリムのような話も知らないとなると、

日常の中で、たとえ話に使っても、

子供の頭の中には ? ? ? ? が 浮かぶだけのようです。

『あら、その赤いコート素敵ね。赤頭巾ちゃんみたいで可愛いわァ』

『なに? 赤頭巾ちゃんって?』

となってしまいます。

そうそう、お笑いコンビの 『ありとキリギリス』さんだって、

なんで、ありとキリギリス なのか 分からないんですよね。(その、話を知らないから)

でも、その代わり、ディズニーのアニメや、宮崎アニメには(決して悪くはありません。私も大好きです) とても詳しいのには驚かされます。

ビデオを繰り返し、見ている様子が分かります。

ビデオを見せておけば、ママは家事が出来て、ラクチンなのかなぁ・・・

でも、どうか・・・夜、お布団に入ったとき、古今東西のいろんな話を 子供に話したり、読んで聞かせてあげて欲しいと 思うのです。

そして、子守歌にかぎらず、歌を歌ってあげる事が、子供の言葉の数を増やすので、歌も楽しんでほしいなぁ・・・と思います。

テープやCDではなく、ママやパパやジジやババの生の声で、子供といっしょに。

最近、自分の気持ちを 自分の言葉で伝える事が、苦手な子が増えているような気がします。

そして、こちらが思いをくみ取れないと、すぐに焦れて、切れる子も増えています。

これが、中学生になると、会話が、

『ねえ、○△はどうなっているの?』  『しらねぇ・・・』

『だって、あなたのことでしょう?』   『わかんねぇ・・・・』

『じゃあ、×○ってこと?』   『 もう、いい・・・』

『私は、よくないんだけど。説明してくれないと 分からないし』

『・・・・・・・・・・』

と なってしまうようで 心配です。   

|
|

« 無事に | トップページ | 過ぎたるは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。久しぶりにのぞきに来ました。京都に来ていらっしゃったとか、お互いすぐ近くにいたのですね。
 今日の記事、タイミング良くてびっくりしました。孫を寝かせる時「桃太郎」の昔話をしたことを私のブログに書いて間が無かったものですから。
 急遽ネパールに行くことになりました。また、おじゃまします。

投稿: あんぱん | 2006年5月30日 (火) 午後 02時52分

anpanさん。
お忙しそうですね。
今回のネパール行きは、いろいろと大変なことがありそうで。 どうぞ、お気をつけて行ってきてください。
帰国されたら、また遊びにきてください。
私も、お邪魔します。

投稿: となりのとまと | 2006年5月31日 (水) 午後 06時17分

本当に!!!
テレビを見せていると、家事がはかどっちゃうんです!!!
1歳になる子がいます。男の子なので、台所に入ってきては、いたずらの嵐・・・
最近は、靴を(私の!!!)台所まで、運んできて、「外へ連れて行け!」とおっしゃる。
できるだけ、かなえてあげたいと思うけれど、アレルギーもあり、食事の手を抜くこともできないし・・・
そんなときに、テレビさんってありがたい!!!
いけないって、わかっているけれど、他に手立てがなくってつい・・・
それでも、やっぱり寝る前は絵本の嵐です。
パパと交代で何度も何度も!!!
テレビと絵本と、メリハリをつけて、ママの都合と子どもの都合と折り合いをつけながらやっていけたらいいなあと思います!!!

投稿: らぶたっくん | 2006年6月12日 (月) 午後 10時54分

*********************************
らぶったくん さん。
初めまして。ご訪問ありがとうございます。
1歳の元気な男の子のママなんですね。
きっと本当に毎日が嵐の様に過ぎているのだなぁ・・・と思います。
私はもう20年も前になりますが、子育ての頃をついこの間の様に思い出します。過ぎてしまえば懐かしくて、『ああ~もっと時間がゆっくりと進んでくれたらよかったのに』なんて思いますが、当時は、はやく大きくならないかな・・・って思っていました。 我が家も核家族ですから、家事をしている時に、だれかに見ていてもらう事も出来なかったので、テレビが子守なんていう事もありました。 上手く利用して、楽しく育児が出来るとよいですね。子育ては、 声かけて、目かけて、愛かけて、と言われました。
ちなみに、家の子は6年生まで、就寝前の読み聞かせはしていました。おかげで、今でも本はよく読みます。
また、遊びにいらして下さい。
そして、若い子育て中のママの声を聞かせてくださると とても勉強になります。これからも、どうぞよろしく。

投稿: となりのとまと | 2006年6月13日 (火) 午前 10時06分

ご挨拶もなしに、言いたいことだけ、ぶわーっと書いてしまいまして、失礼いたしました。

はじめまして。
ビディちゃんのブログから飛んできました。
ママ2年生になりました。
たっくんは、7ヶ月ではいはいレース優勝、歩き始めても、すでに走っている、元気がいいというか落ち着きのないちょろちょろタイプの男の子です。
ママは一応、元幼稚園の教諭をしてまして、至って落ち着いた子に育てたいと、モンテッソーリのお仕事なんか触れさせたりと日々努力しているのですが、親の思うとおりにはいきませんね!!!
やっぱり、子育てって難しいです。
仕事をしているころ、お母さんたちに、「のんびり子育てしてくださいね~」なんて言っていた自分がお恥ずかしい・・・
これからもブログ楽しみにしています。

投稿: らぶたっくん | 2006年6月14日 (水) 午後 11時19分

らぶったくん さん。
幼稚園の先生をしていらしたのですね。
こちらこそどうぞよろしく。(^o^)
私は 自分の子育てには間に合いませんでしたが、『子どもの心のコーチング ハートフル・コミュニケーション』 に出会ってから、塾での子どもたちへの対応のヒントをえた様な気がします。

投稿: となりのとまと | 2006年6月15日 (木) 午前 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事に | トップページ | 過ぎたるは »