« 夏休みも半分過ぎて | トップページ | 大腸内視鏡検査を体験する② »

大腸内視鏡検査を体験する①

定期的に診察を受けている内科の医師から、過敏性腸症候群ではないかといわれて2カ月ほど薬を飲んで様子を見ていたが、症状は変わらず、ガスが腸内に溜まって張る感じがして、グググっと鳴ったり、便もゆるい状態が続いていたので紹介状を持って「大腸肛門クリニック」へ行くことになりました。
主治医曰く「過敏性腸症候群は精神的なものが大きいから、1度検査を受けてなんでもないと分かれば改善されるかもね・・・」とか。
クリニックで採血をして検査キットの説明を受けて検査日を予約しました。
その時の受付の方の説明は
「内視鏡検査を受けて頂いた時に、ポリープが発見されればその時に切除致しますが、大体5~6万円位かかります。カードは使えませんので現金をご用意ください」とのこと。
「ポリープの個数ですか?たくさんあったらもっとかかります?」と私。
「いえ、1個いくらという訳ではないですが」と。
なんだかよく分からない説明を受けて帰宅しました。

|
|

« 夏休みも半分過ぎて | トップページ | 大腸内視鏡検査を体験する② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みも半分過ぎて | トップページ | 大腸内視鏡検査を体験する② »